So-net無料ブログ作成

日米親善フレンドシップデー2017に行ってきた。 [カメラ]

3年連続となる今年も岩国基地で開催された日米親善フレンドシップデー2017に行ってきました。
最寄駅から直通で行けるJRに乗って岩国基地正門に着いたのは8時くらい。
もうすでに長蛇の列となっていましたが、手荷物検査を経て無事に基地内に入ることができました。
まずは定番となった食堂での朝食。
DSC_5336.jpg
DSC_5329.jpg
アメリカンサイズのケンタッキーフライドチキンを男3人で頬張って腹ごしらえ完了。
いよいよ航空機を間近に見る為に広い基地を歩きました。
DSC_5374.jpg
DSC_5407.jpg
DSC_5396.jpg
DSC_5400.jpg
多くの航空機が展示されていましたが私のお気に入りはF16。
スマートな機体がとても美しいですね。
戦闘機としての性能は更に上回るものもあるようですがいつ見てもカッコいいと思う戦闘機です。
DSC_5422.jpg
F/A18でしょうか。
次男がパイロットらしき人からワッペンを貰ってゴキゲンに。
去年は長男がサイン入りポスターを貰いましたが子供達には非常にフレンドリーなイベントですね。
DSC_5430.jpg
見たことがない巨大なヘリコプターでした。

本日一番の目玉展示がありました。
DSC_5438.jpg
DSC_5453.jpg
DSC_5461.jpg
ステルス戦闘機F35Bです。
レーダーに写りにくい特殊な機体で敵機に悟られない様相手の虚をつく攻撃ができる最新鋭戦闘機。
思ったよりも小さな機体でしたがこのF35Bが極東エリアでにらみを利かせていることが我々の安全に直結しているのだと思うととてもありがたい存在ですね。
DSC_5479.jpg
去年の目玉はこちらのオスプレイ。

DSC_5485.jpg
航空機見学の後は我が家全員のお気に入り、ステーキサンドイッチでランチタイム。
広大な基地内を歩いた事と早朝から起きていることに加えてアメリカ産ビールで気持ち良くなってしまい、30分ほど意識を失ってしまいました・・・
ブルーインパルスの飛行までとても持ちそうになかったので、F16の模擬飛行を見て帰路につきました。
DSC_5493.jpg
毎年同じような行動パターンになっていますが、一年に一度しか入ることができないので来年もまた来てしまうんでしょうね。
nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

フルコン化完了。 [ロードスター]

私のロードスターは今までE-manageというサブコンで制御していました。
制御と言っても素人作業ゆえ、空燃比計を見ながら空燃比の適正化と点火時期をちょっと進めるだけという生易しいものでした。
実はある時、ロードスター界ではそこそこ使われている青い箱のフルコンを手に入れていて一度は取り付けにチャレンジしていましたが、ちょっとした不具合により断念していたのでした。
思い悩んでいたところ、飛び込んできた情報が「街乗りにも苦労しないコンピューターチューニングをして貰える・・・」とのこと。
街乗り(ツーリング)をある程度犠牲にすればプライベーターでもそれなりにはできるようですが、私にはその技術は当然無くチューニングに掛ける時間もありません・・・
ある程度の出費をしても安心して踏めて且つロングドライブにも出掛けられるクルマになるならば他に選択肢はありません。
RSガレージワタナベさんに愛車を託して約1ヶ月。
遂にフルコン化したロードスターが帰ってきました。
DSC_5320.jpg
以前にローラー式シャシダイで計測したスペックは175馬力18.6キロ。
さて、今回どのように変化しているのでしょうか・・・
シャシダイ.JPG
チューニング前の数値は141.3馬力、16.3キロ。
そしてチューニング後は165.4馬力、17.9キロ。
ローラー式に比べて渋い数値が出るシャシダイでの数値ですが、係数を掛けると・・・
165.4×1.1×1.1=200.123・・・
なんと200馬力超え!
排気量は変えていませんからリッター110馬力です。
NB2ピストン流用、マツダスピードカムIN260EX255でここまで出せるとは驚きです。
タカタサーキットの走行会に向けてタイヤをβ02に替えて試走してきましたが・・・
速すぎて扱える自信が全くありません・・・
走る前から言い訳もしませんし走った後も言い訳する気はありませんが、私のロードスター、速いです!
当日は事故らない様気をつけたいと思います。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

はじめてのシーカヤック。 [その他]

嫁さんの口車に乗せられ人生初のシーカヤックに行ってきました。
DSC_5249.jpg
DSC_5269.jpg
軽い気持ちで参加したシーカヤック、実際は結構ハードでワイルドな乗り物で、我が家を除く参加者は大体水着や濡れても良い服装。しかし我が家は普段着・・・

最初に乗り方の説明を受け、それぞれの船に分かれていざ出航。
最初は楽しい船旅も、沖に出ると強烈な向かい風と瀬戸内海とは思えない高波で転覆の危機と闘いながらの操船となりました。
目的地であった約4キロ先の無人島へは漕げども漕げども辿り着けず心が折れかけたその時、やっと引き返そうの声が。
片道1時間半ほどかかって進んだ距離を帰りはわずか30分ほどで折り返して近くの別の浜に到着。
疲れ果てた体に美味しいバーベキューは格別でした。
DSC_5275.jpg
DSC_5277.jpg
暫く浜でのんびりした後帰路につきました。
行きと帰りで家族全員普段着はびしょ濡れ。
帰り道ではお店にも入れず、家に近づいたころには塩の結晶が体中についたままなんとか帰宅し、その夜は全員早めの爆睡となったのでした。
ある意味悲惨な初体験でしたが、快晴のもとでのアウトドアは記憶に残る良い経験となりました。

DSC_5289.jpg
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
メッセージを送る