So-net無料ブログ作成

特別なトワイライト。 [「鉄」道]

今日は早起きして広島県と山口県の県境まで早朝撮り鉄をしてきました。
一時期自宅横の呉線を走ってもいましたがその時は忙しくて撮ることができず、今回は満を持しての撮影です。
せっかくなので長男も一緒に早起きして有名撮影ポイントへ。
通過予定時刻の30分前位には到着しましたが、現地には先客が既に20名ほど。
しかし川沿いのポイントなので場所も上手く確保できました。
夜明けのタイミングなのでシャッタースピードが稼げるのか不安でしたが、先に通過する車両で調整しながらその時を待ちました。
DSC_60151.jpg
シャッタースピードが遅くてちょっとボケました。。
DSC_6019.jpg
8両編成の227系。
3+2+3ですね。
DSC_6022.jpg
115系。
少なくなるとかえって寂しさを覚えます。
DSC_6034.jpg
ステンレス車両は意外と撮りにくいかもしれないと思い始めています。

いよいよその時がやってきました。
DSC_6045.jpg
朝日を浴びる特別なトワイライトエクスプレス。
前日の雨が一転、空気も澄んで雲一つない快晴というほぼ完ぺきな条件での撮影ができました。
今まで何度も鉄道撮影してきましたが、光線まで考えて撮影に臨んだのははじめて。
たった数十秒の為に多くの人が集まる理由がわかりました。

D600 + AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

今年3回目の京都。 [カメラ]

先週の土日ですが、今年3回目となる京都旅行に行ってきました。
ルートはお正月の時と同じ。
息子の受験があった為初詣の際は長男と嫁さんは留守番でしたが、今回は全て終わった打ち上げとご先祖へのご報告という事で。
伏見稲荷大社は正月とは違い大混雑という訳ではありませんでしたが、驚くほど多くの外国人観光客が観光に来ていました。
DSC_57761.jpg
DSC_57831.jpg
伏見稲荷&大谷本廟のいつものルートを終えた後はめったにしない京都観光。
DSC_5816.jpg
DSC_5818.jpg
錦市場の周辺散策で長男の弁当箱や京のお漬物を購入。
ブラタモリで知った錦天満宮にもお参りしてきました。

続いて訪れた場所は銀閣寺。
どうしても見てみたいという長男のリクエストで。
DSC_5842.jpg
DSC_5829.jpg
DSC_5854.jpg
雨の銀閣寺。
苔生す庭園が雨に濡れてとても魅力的に感じました。

夕方から翌朝にかけては子供たちと京都駅で撮り鉄です。
DSC_5857.jpg
221系。
DSC_5871.jpg
117系。
DSC_5883.jpg
681系。
DSC_5886.jpg
111系。
今やレアとなった湘南色ですが、私の鉄道好きの出発点はこの111系からだったと思います。
DSC_5900.jpg
105系。

京都駅通過の貨物列車を狙っていると。。。
DSC_5907.jpg
DSC_5910.jpg
コンテナが全て福山通運!
後で調べると「福山レールエクスプレス号」という福山通運のチャーター貨物のようでした。
同じ貨物が何両も連なって走る姿は壮観でした。

旅の締めくくりは京都水族館で。
DSC_5964.jpg
DSC_5977.jpg
DSC_5984.jpg
DSC_5991.jpg
わずか1泊2日でしたが、家族も大満足な京都旅行となりました。

しかし、私はこの後悲劇が。。。
数年ぶりのインフルエンザによって1週間役立たずな日々・・・
ブログの更新も遅れてしまったのもインフルエンザのせいなのでした。

D600 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

遂に感染? [「鉄」道]

ロードバイクに乗った日の午後。
長男が鉄道を撮りたいと言い出したのです。
今まで一緒に鉄道を見に行ったり撮影に行ったりしておりましたが、息子自らが写真を撮りたいと言った事はありませんでした。
初めてのことに嬉しい反面罪悪感も・・・
息子をオタクの道に入れてしまうのか。。。
しかし、そんな気持ちを抱きつつもせっかくの事なので家から一番近い有名撮影地に向かいます。
道中、私のサブ機でもあり息子の愛機でもあるD90の使い方を初めて真面目に説明しました。
今までは私が設定してシャッターだけ押させるだけの半自動な使い方をさせていたのですが、撮影に興味が湧いたとなれば使い方も教えなければなりません。
そんな話をしながら現地へ到着。
早速撮影開始です。

息子カメラ
DSC_1623.jpg
編成全体が撮れていませんね・・・
DSC_1724.jpg
牽引する機関車が上手く撮れた1枚。
DSC_1737.jpg
DSC_1745.jpg
DSC_1760.jpg
トリミング&補正をしていますが、私があらかじめカメラの設定しておいた状態で上手く撮れていました。

DSC_1782.jpg
DSC_1784.jpg
今回驚いた写真。
後押し専用機であったEF210の300番台が牽引しています。
ツイッター上では何枚も見ていていたのですが後押し専用機ではなくなったことに改めてビックリしました。

今週末家族でお出かけ予定なのですが息子としてはその予行演習としたかったようです。
旅先でどんな写真撮れるのか楽しみです。
そして息子がマニアの道を歩み始めるのかも。


D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

ここからは私の写真も。
DSC_5499.jpg
DSC_5531.jpg
DSC_5585.jpg
DSC_5606.jpg
DSC_5622.jpg
DSC_5642.jpg
DSC_5664.jpg
DSC_5682.jpg
DSC_5702.jpg
DSC_5720.jpg
DSC_5724.jpg
DSC_5748.jpg

D600 + AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

2.11ロードバイク。 [自転車]

今日は朝から快晴だったので自宅から2時間程度のコースを考えて走ってきました。
IMG_6520.jpg
平清盛が一晩のうちに切り開いたと言われる音戸の瀬戸を渡って島一周の旅。
IMG_6523.jpg
2013年に開通した第二音戸大橋を渡って倉橋島に入ります。
IMG_6524.jpg
絶景で気持ち良いことこの上なし。
自宅から自転車でも30分以内に来られるというシアワセ。
途中コンビニで休憩を休憩を入れつつ島半分を回るルートを取りました。
IMG_6531.jpg
途中通過した早瀬大橋。
この橋を渡ると江田島で第一術科学校に行くことができます。
旧海軍兵学校が第一術科学校に引き継がれ、今でも歴史的な建造物や資料を見学することができます。

1時間ほどで音戸の瀬戸に戻ることができました。
IMG_6542.jpg
そして帰りは音戸大橋の下を走る日本一短い航路の音戸渡船を利用しました。
IMG_6547.jpg
IMG_6548.jpg
IMG_6551.jpg
IMG_6562.jpg
料金はなんと90円。
人のみだと70円という安さ。
わずか数分ですがのんびりした船の旅を行った後再び本土へ。
IMG_6564.jpg
走行距離41キロ、トータル2時間少々のライドとなりましたが、寒いライドが多かった中初めての気持ちの良い走行となりました。

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

リアハブベアリング交換。その2 [ロードスター]

前回の記事はハブとベアリングのインナーを分離させることに成功したところまででしたので、今回はその続きを。
ウチの会社に置いてある15tプレスを使ってベアリングを押し出します。
IMG_6455.jpg
IMG_6457.jpg
さすが15tだけあって人力も必要とせずスイスイとベアリングがナックルから抜けていきました。
IMG_6458.jpg
ベアリングが抜けたあと。
汚れを洗浄し潤滑スプレーを吹いた後、新しいベアリングを圧入。
IMG_6460.jpg
この作業も思った以上にスムーズに入りました。
このあと更にハブを圧入して完成したのがこちら。
IMG_6479.jpg
そして完成したナックルハブをクルマに組み付け。
IMG_6485.jpg
ここまでくれば作業はサクサクと進んでいきます。
IMG_6487.jpg

そして。
1週間ぶりに地上に降り立った愛車。

その後30分程試走してきましたが、気のせいなのか分かりませんがクルマの動きがスムーズ且つ滑らかになったような気がします。
今回の作業により大分リフレッシュできたのではと思いますが、転がり抵抗が減った(と思われる)愛車でのサーキット走行が今から楽しみです。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

リアハブベアリング交換。その1 [ロードスター]

高速道路での走行時に気になっていたことがありました。
IMG_6349.jpg
80キロ以上出すと「ゴーッ」という音が大きくなってきているということに。
以前フロントのハブベアリングを交換していますが、その時も同じような音が気になっていました。
その後も音が消えていなことは分かっていましたが、作業の難易度からなかなか重い腰が上がらない状態でした。
しかし今回一念発起し気になる音対策の為、リアハブベアリングを交換することにしました。
IMG_6354.jpg
まずはセンターのハブナットをインパクトで外します。
IMG_6364.jpg
ナットが外れたら潤滑剤を吹きつけしばらく放置。
IMG_6366.jpg
その後は専用のハブプーラーでナックルとドライブシャフトを分離。
IMG_6368.jpg
IMG_6369.jpg
思った以上にドライブシャフトが簡単に抜けました。
IMG_6372.jpg
IMG_6376.jpg
ナックル、ドライブシャフト、ブレーキローターが分離されました。
IMG_6381.jpg
今回使用する新品部品たち。

ここで、併せてやりたかった作業を先にしておきます。
最近交換したデフのサイドシール部分からデフオイルが漏れていることに気づいていたので、ドライブシャフトを外すついでにサイドシールも交換です。
IMG_6382.jpg
IMG_6384.jpg
今回の作業に合わせて専用工具も購入してみました。
シールを簡単に外すことができるこの工具、今までのシール交換時間が何だったのかという位あっという間の簡単作業で新品シールへと交換ができました。

さて、サイドシールが無事に交換できたところで本題に戻ってナックルとハブを分離します。
IMG_6389.jpg
今回使用したギアプーラーも大型のものだけあり、いともあっさり分離に成功。

ここまではいたって順調な作業の進捗でしたが、ここからが大変な作業の始まりでした。
外したハブにベアリングのインナーがくっついた状態になっています。
外し方がわからず無駄に時間だけが過ぎ去り、あえなくこの日は作業を中断する羽目に。。
IMG_6390.jpg
リアをウマに掛けた状態でJ58GのドクターN氏に相談したところ、タガネで叩いて隙間を作りベアリングプーラーで外すべしという天の声を頂く事ができました。
肝心の一体化していた写真はありませんが、後日ホームセンターで300円ほどのタガネを購入して作業を行ったところ無事にベアリングインナーがハブから動き写真のようにベアリングプーラーを使用できる状態に持ちこむことができ、その後はあっさりと分離させることができました。
IMG_6454.jpg
IMG_6459.jpg
分からなかったところが解決すると後は作業を進めるのみ!
なのですが、現在作業はストップ。
作業時間を確保できない為、続きは次の週末となったのでした。

続く。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
メッセージを送る