So-net無料ブログ作成
検索選択

東京”鉄”旅行。その3 [「鉄」道]

お台場の後は築地でランチだったのですがまさかの写真を撮り忘れてしまい美味しかったマグロ丼は私の記憶の中に・・・
食後は新橋経由でホテルに向かいます。
DSC_2645.jpg
新橋駅で偶然撮ったE657系。
私がサラリーマンだったころはE651系とE653系のスーパーひたち、フレッシュひたちが走っていましたが、いつの間にか車両も切り替わり、それぞれひたち、ときわに名称も変わっているようです。

ホテルチェックイン後、翌日の下見として向かった先は私の大好きな場所である東十条。
サラリーマン時代は自転車で10分ほどで来ることができたのに、鉄道好きであることを忘れていた時代であった為カメラを始めてから初めて来ることになったこの場所。
高崎線、東北線、京浜東北線に貨物列車、そして極めつけは寝台特急も見ることができるこの場所をサラリーマン時代に訪れなかったことが東京時代の唯一の後悔といってもいいほど。

DSC_2668.jpg
京浜東北線はよく乗るのでなかなか撮影対象になりませんが、とりあえず訪問記念に1枚。
東京は広島に比べて日の入りが早いという事を忘れていて、来て早々ですが辺りはすぐに暗くなり始めてしまいました。

DSC_2687.jpg
とりあえず暫く待っているとEH500通称「ECO-POWER金太郎」が牽引する貨物列車がやって来ました。
D600の高感度性能によってなんとか撮影できていますが、どんどん暗くなっていき、撮影もそろそろ限界が訪れようとしています。


もう帰ろうと思っていた時に最後の撮影対象がやって来ました。
DSC_2719.jpg
正面からは上手くピントを合わせることができず後追いになりましたが、国鉄カラーの185系を撮ることができました。
この車両も結構古いと思うのでじきに見られなくなるかもしれません。
この後はさすがに暗くていい写真が撮れなくなった為撮影を断念してホテルに戻りました。


翌日。
前日は余りの疲れで21:30には就寝したので起床は6:00。
朝食を食べて早速東十条へ。
DSC_2732.jpg
最初にやって来たのはEF65が牽引する貨物列車。
いきなり国鉄車両とは朝から縁起が良いです。
本命がやってくるまで2時間ほど、撮影に力が入ります。
DSC_2746.jpg
DSC_2770.jpg
DSC_2775.jpg
DSC_2930.jpg
高崎線、東北線の主力車種となるE231系とE233系。
特にE231系が好きな私、この車両たちが西日本に売り払われて私の地元を走ることを期待というか妄想していましたが、国鉄車両の終の棲家である広島にも新型227系が配属となり私の期待もはかなく消えてしまいました。
DSC_2786.jpg
旧成田エクスプレスの253系がリニューアルされていました。
成田空港までの専用特急という車両だったので広い荷物置き場があった記憶がありますが、リニューアルされて車内がどうなっているのか大変興味がわきました。
DSC_2808.jpg
続いては251系。
あまり見たことが無い車両なのでちょっとラッキー。
東日本は車両のバリエーションが豊富で撮影していても本当に飽きません。
DSC_2899.jpg
E651系。
以前はスーパーひたちとして走っていた車両で何度か乗ったことがありますが、その時はとても揺れる車両で恐怖心を覚えた記憶があります。
DSC_2923.jpg
485系華。
JR東日本が所有するジョイフルトレインとの事でお座敷列車だそうです。
こういう列車は一般では乗車できずに貸切に使用されているのでしょうか。
どんなものか一度乗ってみたいですね。
DSC_2943.jpg
今回2回目のEH500。
今回は初期型5号機だったので色合いがやや暗めの塗装になっています。
初期型も数が少ないのでラッキーでした。

そろそろ本命のやってくる時間が近づいてきました。
本命といっても何を待っていたか全然書いていませんね。
待っていた車両は!

DSC_2987.jpg
DSC_3003.jpg
DSC_3012.jpg
カシオペアでした!
定期運行は既に終了して臨時列車扱いとなっているものの国内最後の機関車牽引の寝台特急です。
あとわずかで見られなくなることが予想されるため今回の旅では必ず撮って帰りたかった車両で、本当はカシペア塗装のE510牽引を期待していたのですが、この日は青色塗装の513号機。
私的には少々残念でしたが、これもたぶん珍しいのでしょうから次に来る時までオアズケにしておきます。

撮影開始から2時間半、東十条最後の車両はこちら。
DSC_3022.jpg
新、成田エクスプレスのE259系。
これは東京出張の度によく見かけていましたがなかなか撮ることができず、今回はじめての撮影です。
私好みのデザインで、一度是非乗ってみたいと思っています。

今回の東十条での撮影はこれで終わり。
朝7時過ぎから2時間半、通過車両の多さから休む間もない濃厚な撮影タイムとなりました。
今回の旅における鉄道撮影はこれでおしまい。
最後はおのぼりさん感覚で東京観光へと繰り出しました。

D600 + AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

東京”鉄”旅行。その2 [カメラ]

八丁畷駅での貨物撮影を十分に堪能した後はドリフトのD1グランプリが開催されているという事でお台場へ移動。
DSC_2519.jpg
ガンダムを横目に見つつ、フジテレビのイベントのハロウィンイベント参加者のコスプレにドキドキもしながら一路D1会場へ。
D1自体はチケットが必要でしたが無料エリアがあり、そこでは田舎では決して見ることができない様なマシンが整然と並べられておりました。
DSC_2530.jpg
フォードマスタングだと思いますが、後から調べたらドリフト車両だとか。
一時期FFであった記憶があるマスタングですが、今はFR車両になっているようです。(調べていないので不正確です)
DSC_2534.jpg
はじめて見たランボルギーニアヴェンタドール。
4千万円以上の車両がこの1台だけではなく会場中に並べられおりました。
公道を走るクルマとはとても思えない低い車体。
700馬力をどこで使うんでしょうか。
でも、それでも憧れる美しいボディ。

と思っていたら隣にはもっとすごいのがいました。
DSC_2541.jpg
まさかのピンク色になっていたエンツォフェラーリ。
この世に350台しかいないフェラーリ55周年モデルのスペシャルフェラーリ。
と思っていたら隣には・・・
DSC_2546.jpg
50周年モデルのF50が!
更には!!
DSC_2553.jpg
40周年モデルのF40!!
正直言ってランボルギーニに無関心な私、フェラーリの方に目が行ってしまいました。
普通のフェラーリならいざ知らず、全てスペシャルなモデルがこのように並ぶイベントは初めてです。
フェラーリはやっぱり美しいですね。
セレブのクルマというイメージもありますが、ビデオのベストモータリングで走る姿を見ていた私としてはフェラーリといえばサーキットマシンのイメージがあります。
暴れ馬を自分のテクニックで押さえつけてサーキットを疾走するという妄想を何度したことか。(笑)
実際は今のフェラーリもトラクションコントロールとパワステとセミATでそんな格闘をしなくても良くなっているのでしょうけど・・・

しかし無骨なランボルギーニに対して流麗なフェラーリというイメージで今までいましたが、今回初めて最新のランボルギーニを見て、その考えも少し変わりました。
エンジン音も意外にも甲高いレーシングサウンドで、ランボルギーニに人だかりができていることも納得でした。
DSC_2558.jpg
隣にはロールスロイス
DSC_2560.jpg
後ろにはポルシェ911GT3!!
憧れのポルシェが何と霞むことか。
本音で欲しいと思うクルマはこの911GT3で確定ですが、どうしても見た目が派手なほかのスーパーマシンに目が行ってじっくりと見ることができませんでした・・・

スペシャルな外車以外にもカッコいい日本車はたくさん展示してありましたが、安価でも一番目を引いた車がコレ。
DSC_2587.jpg
DSC_2588.jpg
DSC_2589.jpg
DSC_2590.jpg
グランドシビック大阪環状線仕様。
ヤンマガの「なにわ友あれ」の主人公が乗っていたクルマはワンダーシビックですが、このクルマは実際に環状線を走っていたマシンとか。
私自身、免許を取って初めて知った峠で走っていた先輩のマシンもグランドシビック。
VTECではありませんでしたが、1.6Lのエンジンはそれはよく回り軽い車体も影響してとても速かったことを覚えています。

DSC_2582.jpg
気になったのが1000馬力のR35GT-R。
なんとFRに改造してあり、この車両でドリフトするんだそうです。
後ろ2輪で1000馬力受け止められるのか聞いてみましたが、ドリフトなので大丈夫だとか。
信じられない世界です・・・
DSC_2591.jpg
DSC_2592.jpg
美しいハチロクも。
こういうクルマなら乗りたいと思いますね。

DSC_2599.jpg
奥ではモンスターエナジーの宣伝でラッピングされたアヴェンタドールが展示され、キレイなお姉さんがドリンクを無償配布していたので私もしっかりと頂いた上で写真を撮らせて頂きました。(写真は自粛)
D1を見なくても十分に楽しめるイベントでしっかりとクルマも楽しむことができたのですが、せっかくお台場に来たので10年以上ぶりにアソコにも寄ってみることにしました。
DSC_2631.jpg
途中の道すがら、仮装した人たちがパレードの列を作っており、嬉しい誤算でめざましテレビアクアに出ているフリーアナウンサーの岡副麻希にも遭遇。(写真自粛)
東京ってスゲーっと、完全におのぼりさん状態に。

遠回りしてついた先はパレットタウン。
DSC_2634.jpg
トヨタの常設展示場であるメガウェブに立ち寄りました。
DSC_2635.jpg
ここには以前、ルマンを戦ったマシンのTS020が展示されていましたが今は撤去されており、代わりにニュルブルクリンク24時間レースを戦ったレクサスLFAが展示されておりました。
そしてもう一台、目を引いた車両。
DSC_2637.jpg
エネオスカラーのSC430。
これは以前のGT選手権に出場していたマシンですね。
一応マークを掲げて仕事をしている一人として、記念に写真を撮っておきました。
正直ソアラがレースを戦っていることに当時より大変な違和感を感じておりましたが・・・

お台場のクルマ鑑賞は以上。
ここまででまだ1日目のお昼なんですよね。

さらに続く。

D600 + AF-S NIKKOR 16-35mm F/4G ED VR
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

東京”鉄”旅行。その1 [「鉄」道]

先週末のこと、仕事の為に東京に行ってきたのですが、久しぶりに予定の無い週末だったので土日を完全フリーにして一人旅を満喫してきました。
金曜日は丸の内界隈で仕事をこなしてお酒も堪能した後、最後は東京駅ガード下で昔の同僚と酒を酌み交わしてそのままホテルのベッドで爆睡。。。

そして2日目の土曜日は朝から完全フリータイムの始まりです。
今回の目的はカメラで思う存分写真を撮ること。
被写体は・・・


ズバリ、鉄道です!
今まで鉄道を撮ることを目的にして東京に来たことはありませんが、今回は事前に撮影ポイントをチェックしておきました。
今日の目的地は八丁畷駅。
東京にいたサラリーマン時代には地名すら知らない場所ですが、貨物列車の撮影ポイントとしては大変有名な駅のようです。
宿泊地の品川駅から京急線に乗り八丁畷駅で下車。
目指すJR八丁畷駅は京急の八丁畷駅の真上にあり駅入口も京急線のものと共有の無人駅なのですが、知らない私は一旦駅を出てグーグルマップを見ながら周辺を歩き、JR駅を探すという無駄なことを行ってしまいました。
結局もう一度入場してJRの八丁畷駅に階段を使って上り、そこから撮影スタートとなりました。

DSC_2311.jpg
南武線の支線となる南武支線を走る205系1000番台。
首都圏を走る鉄道としては大変珍しく2両編成のしかもワンマンカー。
田舎暮らしの私には大変親近感のあるカワイイ車両です。

暫く待っていると早速目的の貨物列車がやって来ました。
DSC_2323.jpg
EH200、通称ECO-POWERブルーサンダー。
逆光が大変残念ですが地元では見ることができない電気機関車で、国鉄時代のEF64が2両で牽引しなければならないところをEH2001両だけで牽引できるパワフルなヤツです。

今度は反対から。
DSC_2339.jpg
DSC_2352.jpg
DSC_2358.jpg
広島でもおなじみの電気機関車EF210、通称ECO-POWER桃太郎です。
現在のJR貨物主力機関車で広島方面では一番なじみのある車両ですが、ここでも活躍しているようでした。
広島と東京間を同じ車両が牽引してきているのでしょう。

次にやって来た車両は私が一番好きな電気機関車で、広島では見ることができない国鉄車両。
DSC_2363.jpg
DSC_2381.jpg
DSC_2395.jpg
EF64です。
国鉄時代に多く製造された電気機関車で、昔は分かりませんが現在広島ではほぼ見ることができない車両であり私の一番のお気に入りです。
本当は国鉄の原色が好きなのですが、今回はEF64を見たくて時間を合わせてきましたので見られただけでも良しとしましょう。

続いてやって来たのは国鉄時代の主力機関車。
DSC_2405.jpg
DSC_2424.jpg
EF65です。
貨物列車の牽引からブルートレインの牽引も行い、電気機関車といえばEF65というくらい私の中ではなじみのある車両なのですが、今はEF210の活躍によりどんどん廃車が進んでいるのではないかと思われます。
原色の美しいブルーの車体を見たいのですが、残念ながら貨物更新色。
昔はEF65が一番多く走っていてコレだとがっかりするほどでしたが、今ではこのEF65も貴重な存在。
いつまで走っている姿を見ることができるのでしょうか。

続いて反対方向から。
DSC_2439.jpg
DSC_2447.jpg
EF210桃太郎。
撮影に関しては当然の事ながら車両の走行に迷惑にならない様心がけているわけですが、運転している運転士からしてみればホームでカメラを持っている私たちはきっと事故の可能性を秘めてる邪魔な存在のはず。
しかしながらこの車両の運転士さん、私も初めての経験ですが通過時に手を挙げて合図してくれました。
最初は誰に対して手を挙げたのか分かりませんでしたがホームにいるのは私のみ。
何だか申し訳ないような気持ちになりましたが、いち鉄道ファンに対して合図してくれたことにありがたいと感じると共に、小学生になるかどうかの頃、115系の運転台を覗きこんでいた私に対して停車時に運転席を見せてくれた国鉄の運転士の方を思い出し、鉄道好きはあの頃からずっと続いていることを我ながら実感したのでした。
DSC_2463.jpg
同じくEF210。

暫く貨物はやってこないと思って油断をしていたら、まさかの回送がやって来て後追い撮影となりました。
DSC_2477.jpg
EF65が回送で走っていきました。

そして本日最後の車両は。
DSC_2481.jpg
DSC_2497.jpg
やはりEF210でした。

まだ待っていれば貨物列車はやってくるのですが、時間がかなり開くのでここでの撮影はこれにて終了。
時間にして3時間程度でしたが、地元ではなかなか経験できない頻度での貨物撮影を無事に成功することができました。

次は鉄道から離れてクルマネタです。
続く。

D600 + AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

半年ぶりのジムカーナ。 [ロードスター]

先週日曜日、今年2回目となるJ58Gジムカーナ”練習会”に参加してきました。
雨が多いJ58Gのジムカーナにしては大変珍しく、雲一つない快晴で朝からテンションが高まります。
DSC_2163.jpg
コースオープン後の完熟歩行。
久しぶりの参加でコースが覚えられるか不安だったので、いつもはただの散歩となっていた完熟歩行を真剣に歩いてコースを覚えることに集中しました。

練習開始。
今回のコースは私が得意とする高速コース。
アクセルがたくさん踏めるので気持ち良い事この上ありません。
タイムも上々です。
DSC_2170_1.jpg
DSC_2194_1.jpg
DSC_2201_1.jpg
DSC_2207_1.jpg
DSC_2212_1.jpg
DSC_2223_1.jpg
DSC_22261.jpg
DSC_2230.jpg
DSC_2234_1.jpg
DSC_2255_1.jpg
DSC_2305_1.jpg

練習終了時点で2位。
ラスト2本、順位を決める為のタイムアタックです。
1本目の時点でも2位、半年ぶりの参加でこれはっ!と思いきやラスト1本100分の7秒差で3位となり、ちょっぴり悔しいジムカーナ”練習会”となったのでした。
DSC_2273_1.jpg
DSC_2278_1.jpg
DSC_2280.jpg

IMG_5427.jpg

D600 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AiAF Nikkor 28mm f/2.8D


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

秋晴れの休日。 [カメラ]

先週の土曜日、次男といつもの野呂山にドライブがてら行ってきました。
DSC_2134.jpg
標高800メートル以上ある為、温暖な瀬戸内海に面しているとはいえ朝夕はかなりの冷え込みになります。
草木も色づき始め、気持ちの良い朝のドライブでした。
DSC_2138.jpg
DSC_2141.jpg
DSC_2145.jpg
DSC_21321.jpg

D600 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AiAF Nikkor 28mm f/2.8D
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

京都へ。 [カメラ]

先日仕事の関係で京都に行ってきました。
DSC_2081.jpg
向かいのホームには500系のこだまが停車。
はじめて時速300キロを達成した新幹線も今やこだまで運用されるのみ。

取引先の盛大なパーティーに参加した翌日にお参りに。
DSC_2087.jpg
学問の神様を祀られているだけあって修学旅行生が多く訪れていました。
DSC_2090.jpg
DSC_2092.jpg
DSC_2102.jpg

そしてお土産を買う為に鴨川を散歩。
DSC_2111.jpg
DSC_2114.jpg
DSC_2121.jpg
京都には毎年来ていますが、川辺を歩くのは初めて。
天気も気温も丁度良く散歩日和でした。

DSC_2124.jpg
DSC_2128.jpg
祇園で美味しい団子を買ったり、八つ橋を買ったり。
綺麗な手拭いのお店でお土産を買って、のんびりとした京都旅を楽しんだのでした。

D600 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

はじめてのFRP作業。完結編 [ロードスター]

ロードスターのフロントリップ修復作業も今回がいよいよラスト。
前回までに塗装を終了しいよいよ最後の磨き行程です。
IMG_5370.jpg
塗装後のざらつきをまずは1000番のペーパーで軽く磨いた後、コンパウンドを荒目と細目で研磨していきました。
IMG_5393.jpg
手で感触を確かめながら作業を進めていき、ぬれたタオルで拭き取って状況を確認。
全体的には艶が出てきましたが最後の最後で素人作業のアラが出てしまいました。
塗膜が薄すぎて磨くにつれて色が薄くなっている箇所があり、パテで成形した部分においてはエアが混入している為にス穴がどんどん発生していきます。
本来なら修正用の薄づけパテでス穴を埋めた方が良いのでしょうが、今回はとりあえずこれで完成とします。
IMG_5411.jpg
IMG_5412.jpg
遠目には修正した所も目立たなくなり滑らかな形状のリップスポイラーが復活しました。
今回の作業にかかった費用はFRP材料と塗料の購入代金で約8000円。
その他コンパウンドやペーパー購入費用等で合計10000円に満たないくらいでした。
時間は結構かけましたが、初めてのDIYによるFRP工作は100点とはいえないものの十分満足できる内容だと思います。
今まではできないと思い込んでいた作業でしたが、やってみると意外と簡単にできるという事がわかりました。
これで次の作業に向けての意欲も高まるというものです。
何の作業かはヒミツですが。

終わり。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

はじめてのFRP作業。塗装編 [修理作業]

前回は塗装前の下地処理としてサフェーサーを塗りましたが今回は塗料を使って塗装を行います。
IMG_5358.jpg
新聞紙で塗装面以外を覆いますが、今回はサフェーサーの部分よりやや広めにしておきます。
ちなみにサフェーサーを塗った部分の段差を取る為に事前に1000番のペーパーで削っています。
IMG_5355.jpg
さて、新聞紙で覆いをした後はシリコンオフで脱脂を行い、サフェーサーより外側部分にはボカシ剤を事前に吹き付け。
ボカシ剤が乾く前に塗装開始です。
同じところばかり吹かない様、塗料を持った手を右から左に同じスピードで動かしながら吹き付け。
何度か吹き付けるごとにちょっと乾かせ、塗料が垂れない様注意しながら慎重に作業を行っていきました。
吹き付け終了後は丸一日乾燥させて状況を確認すると・・・
IMG_5361.jpg
どうでしょうか。
IMG_5370.jpg
艶消しブラックの様な感じですが完全乾燥後に磨くのでとりあえずはOKでしょう。
IMG_5371.jpg
遠くから見ると黒いボディなので既に完成形のような雰囲気ですがあと少し磨き行程が残っています。
次回完結編をお楽しみに。

つづく。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

はじめてのFRP工作。下地処理編 [修理作業]

前回作業から時間が経っていますが実はちょっとずつ作業を続けています。
IMG_5304.jpg
240番のペーパーから400番、600番と目を細かくして表面を整えて。
今まで手つかずだった下部のラインを板やすりで整えました。
IMG_5332.jpg
IMG_5333.jpg
ラインが波打っていますが・・・
IMG_5336.jpg
完璧ではありませんがラインを形成。
本当はもう少しやりたかったんですが骨の部分であるFRPが割れそうだったのでほどほどでOKとしました。

さあ、いよいよここからが塗装工程です。
色々と考えた結果、材料をしっかりと揃えたかったので、ソフト99のオンラインショップで脱脂用のシリコンオフ、プラサフ、特注のブリリアントブラック塗料、ぼかし剤、そしてバンパー用うすづけパテをまとめ買い
IMG_5345.jpg
IMG_5346.jpg
総額5400円也。
高いか安いかは結果を見てのお楽しみです。
サフェーサーを吹き付ける前に新聞紙で回りを養生し、シリコンオフで吹き付ける個所を脱脂します。
IMG_5341.jpg
IMG_5343.jpg
綺麗な布でシリコンオフを綺麗に拭き取り、いよいよサフェーサーを吹き付け。
IMG_5348.jpg
IMG_5349.jpg
どの位吹けばよいのか手探りですが、とりあえず3回に分けて吹き付け。
下地になるのでムラは気にせずで良いのかな。。

とりあえず今回の作業はここまで。
次回は表面を整えて塗装工程です。
楽しみですねぇ。
綺麗に塗れるのでしょうか。

つづく。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

鉄分補給。 [「鉄」道]

今日は次男とロードスターでドライブ
いつものルートで100Kmほどを走ってきたのですが、今日は久しぶりに貨物撮影の聖地「瀬野八」に立ち寄り、鉄分補給を行ってきました。
時刻表を調べているわけではありませんので貨物がやってくるかは運任せ。
とはいえ、現地で時刻表を見てみるとすぐにやってきそうな雰囲気。
最初は絶滅寸前の115系。
DSC_1871.jpg
DSC_1873.jpg
末期色と呼ばれる黄色に塗装された車体は過去の湘南色時代の面影も無く寂しい限りです。

すぐに反対から115系を絶滅に追いやる為にやって来た新型車両の227系。
DSC_1881.jpg
設定を失敗してうまく撮れず。。
この後に電車の時刻に空きがあるので、おそらくこの間にやってくると思われます。
すぐに踏切が鳴りはじめ・・・
DSC_1904.jpg
力強いモーター音を響かせてやって来たのはEF66。
これももう絶滅が危惧される国鉄最強の電気機関車
今でも長大編成を現役でけん引し日本の物流を支えていますが、日本有数の急坂であるここセノハチではEF66といえども後押しが無くては上りきることができません。
DSC_1924.jpg
そして後押し車両は新型のEF200 300番台でした。
以前の後押し車両であったEF67ももはや風前の灯でしょうか。

DSC_1939.jpg
秋はオープンカーにとって一番楽しい季節。
空気がだんだん冷たくなるのを肌で感じることができ、稲穂や紅葉を見ながら走るドライブは格別なものがあります。

おまけ
IMG_5141.jpg
先日尾道に行ったときに撮ったEF200。
EF66が国鉄最強機関車に対してこちらはJR最強。
最強すぎてフルパワーでの運用ができない悲運の電気機関車で、すでに廃車が始まっているとか・・・
DSC_1506.jpg
DSC_1507.jpg
こちらは仙台に行った際に撮ったEH500金太郎。
直流区間の広島ではなかなか見ることができませんが、交流区間の主力機関車であるEH500の勇姿を撮りたくて雨の中宮城野貨物まで撮りに行ってきました。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
メッセージを送る