So-net無料ブログ作成
検索選択

ロードスターだらけの走行会。(花見だよ!全員集合!) [ロードスター]

土曜日はRSガレージワタナベさん主催の「花見だよ!全員集合!」に行ってきました。
花見と言いながら、実際は桜は全く見られないロードスターオンリーの走行会です。
DSC_6574.jpg
DSC_6575.jpg
今回は新しくなったTSタカタサーキットのドライ路面での走行ができるという事で、一週間前からテンションは上がりっぱなし。
タイヤも2年ぶりの新品、ダンロップディレッツァZⅡスタースペック。
今回は噂のハイグリップラジアルRE-71Rは見送りました。
これから暖かくなる時期にベストタイムを望むことはできませんし、ライフが短いという噂もありますので次の冬まで投入は見送り、コストパフォーマンスに優れるスタースペックを選択しました。

1本目、暖かくなってきたとはいえ気温の低い時間帯、最初で最後のベストタイムを出せるチャンスです。
久しぶりのドライ路面での走行なのでミスって事故をしないようにと心掛けてスタートしたものの・・・
タイヤを温めてアタックをした3周目、新しいコースに入ったところでまんまとコースアウトし、コースから戻る際に左タイヤに強い衝撃が!
その後はハンドルに強い振動が伝わり、ホイールにダメージがあったことがすぐに想像できました。
今回穿いているホイールはレイズのTE37、それも特注品で再購入できないもの。
正直タイムアタックどころではなくなりましたが1周走る間にクルマを左右に振り、とりあえずパンクもリムからの脱落もなさそうなので1周だけアタックしてみることにしました。
気持ちとしては全く乗っていないタイムアタックでしたが、とりあえず75秒860というタイムを記録してすぐにピットインし、タイヤを外して状況を確認してみました。
DSC_6678.jpg
最初はフロントタイヤに衝撃を感じた気がしましたが実際は左のリアタイヤ、ホイールが目に見えて歪んでしまいました。
この時点で私のココロは凹みまくり。。
この後走ることよりもホイールが修正できるのか、できなかったらどうしようかという事が頭の中を駆け巡り、せっかくの走行会も全く楽しくない状況です。
とはいえ、丸1年以上ぶりの完全ドライ路面のサーキット走行です。
この後はタイムアタックよりも体を慣らすためにのみ走行を行い、1日かけて25周の周回を走行を行いました。

走行会後、会社に帰ってすぐにタイヤを外し、ホイールバランサーにかけてみてまさに絶句・・・
当たった衝撃によってリムが凹んだだけではなくホイール全体に歪みが出ている状態でした。
レイズのホイールは超軽量である反面肉厚が大変薄く、衝撃を与えたときのダメージが大きいようです・・・
とりあえず週が明けたら修正に出そうと思いますが、直って帰ってくるかは微妙な状況です。。。

DSC_6587.jpg
DSC_6593.jpg
DSC_6599.jpg
DSC_6603.jpg
DSC_6606.jpg
DSC_6607.jpg
DSC_6613.jpg
DSC_6645.jpg
DSC_6652.jpg
DSC_6658.jpg
DSC_6701.jpg

DSC_6676.jpg
ロードスターの回転数って。。
D600+AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

週末はお花見。 [ロードスター]

今年初のお花見は今週末。
といっても桜を見る余裕もなければそもそも桜なんて咲いていないかもしれません。

だって、お花見とは言ってもタカタサーキットで開催されるRSガレージワタナベさんの「花見だよ!全員集合!」に参加するんですから。。
ということでとりあえずの準備としてエンジンオイル、オイルフィルターの交換、タイヤ新品交換を済ませてあとは当日を迎えるだけ。

IMG_4186.JPG
今回のタイヤチョイスはダンロップZⅡスタースペック。
シーズンはこのタイヤでサーキットからジムカーナまで全てを走り切りたいと思っております。
IMG_4187.JPG
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

第19回キマグレミーティング。 [ロードスター]

先週日曜日の事でしたがなかなか更新できず・・・
とりあえずの参加ご報告です。
DSC_6440_12.jpg
マツダの誇る名車コスモスポーツから。
DSC_6443.jpg
DSC_6445_12.jpg
ランチアストラトスとか。
DSC_6451_12.jpg
DSC_6447.jpg
4バルブ・3キャブレター・2カムシャフトの名を冠するフェアレディZ432。

DSC_6461.jpg
DSC_6479_12.jpg
DSC_6464_12.jpg
歴代ポルシェや、
DSC_6462.jpg
DSC_6456.jpg
ランボルギーニも。
DSC_6475_12.jpg
ご近所の方も愛車のミニで参加されていました。

DSC_6466.jpg
D600+AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
私の愛車も発売から17年が経っていますが、ここに来るとまだまだ若造な年式なのでした。

この日からなんと私、花粉症を発症致しまして大変な重症となっておりました。
鼻水はもちろん、のどの痛みもありますが、なんと言ってもひどい頭痛に悩まされ、1週間仕事に集中できない状況になってしまいました。
薬をもらって飲み続けておりますが、外にいるときはマスク必須です。
どうもゴールデンウィークあたりまでは続きそうな感じです・・・
DSC_6536.jpg
自宅から見た新車227系。
新車だけに走行音も軽快な感じがします。


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

クラッチ&ブレーキOH。その2 [ロードスター]

キャリパーを組むのは取り合えず後回しにして、今度はクラッチレリーズの交換。
前回はレリーズシリンダーのシール交換のみ行っていましたが、今回は一式交換。
クラッチラインのパイピングとボルト2本のみなので、交換は簡単。
10-12のフレアナットレンチがあればすぐに交換できます。
IMG_4159.jpg


続いての作業はクラッチマスターシリンダーのオーバーホールとして内部のシールとピストンの交換。
取り外しはクラッチのパイピングと2つのナットで止まっているだけですが、ひとつは車内からの取り外しが必要で最近太り気味な私はここが難所でした・・・
なんとか取り外しはできましたが、暫くは触りたくない場所ですね。。
シール交換自体は大変簡単でしたが、ボディー側の塗装が痛んでいたのでペーパーで錆を落としたのちにシャシーブラックで塗装しておきました。
車体が黒なのでこういうところをシャシーブラックで塗れるのが良いですね。
IMG_4161.jpg

続いてブレーキマスター。
クラッチマスターと要領は一緒なのですが、なんと予期せぬエラーが待っていました。
内部のシリンダーを取り外そうとしたところ、外さなければならないプラスねじがなんとナメている・・・
過去に自分でオーバーホールをした経験はありません。
まさか、〇ィー〇ー・・・
ロードスターを所有して最初の2回位は車検に出しており、その時にオーバーホールを依頼した記憶があります。
10年ほど前ですが・・・
ショックハンマーもありますが無理に外してねじを壊すとその時点で不動車決定。
悔しいですが、内部のシリンダー交換はあきらめて手前側のシリンダーのみ交換して取り付け。
次回はマスターごと交換しないといけません。

続いてブレーキのシール組み付け。
これは普段仕事でもやっていることなので大して難しいことはなし。
といってもピストンのシールを組み付ける際は新品ゴムを馴染ませる必要があります。
無理にゴムを広げると破れることがありますので・・・
ブレーキグリースをシール全体に薄く塗って手で揉んだ後に作業を行い、スムーズに組み付けを完了できました。
全てのキャリパーシールを組み付けた後、クルマへ取り付けていきます。
ブレーキラインのワッシャーは全て新品に交換してフルード漏れを防ぎます。

全ての組み付けが終わったらいよいよエア抜き作業。
ワンマンブリーダーがあるので一人で作業できますが、それでもラインからエアを全て抜き出すのは大変です。
何度かに分けてすべての個所のエア抜きを終え、クルマが地面についたのは作業開始から6時間後。
途中休憩をはさみながらではありましたが、久しぶりの愛車整備は大変な重労働となりました。
DSC_6418.jpg

後日、試走してみましたがクラッチは踏力がとても少なく軽くなり、ギヤの入りも心なしかスムーズになったような気がします。
ブレーキも問題なく作動し、各所のフルード漏れも無く無事にすべての作業が完了できておりました。
DSC_6424.jpg
DSC_6426.jpg

次は何をしようか、たまにはボンネット内を綺麗にしようか、そろそろNEWエンジンの事も考えようか、ロードスターはやはり楽しいクルマです。
DSC_6430.jpg
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

クラッチ&ブレーキOH。 [ロードスター]

ここ2年位、ロードスター遊びから遠ざかっていた私。
乗ることも激減の状態で走行距離は2年で5000キロほどでしたが、今年に入ってやっと少しづつですが復活できそうな兆しが見えてきました。
先日、久しぶりに重い腰を上げてクラッチとブレーキ回りのオーバーホールを行いました。

作業メニューは、
①クラッチレリーズの交換。
IMG_4145.jpg
②クラッチマスターシリンダーのオーバーホール。
IMG_4140.jpg
③ブレーキキャリパーのオーバーホール。
IMG_4142.jpg
IMG_4141.jpg
④ブレーキマスターシリンダーのオーバーホール。
IMG_4139.jpg

仕事が終わってから作業開始、まずはクラッチとブレーキフルードを注射器で吸い出し。
IMG_4132.jpg
IMG_4137.jpg
IMG_4138.jpg
そして一番最初の作業としてキャリパーの塗装も行いたいのでブレーキを全て取り外します。
キャリパーとキャリパーサポートを取り外し、シール類を取り除いてピストンを取り出し、灯油で洗浄。
綺麗にふき取った後、パーツクリーナーで脱脂して塗装。
IMG_4155.jpg
今回も塗料はワコーズの耐熱ブラック
IMG_4156.jpg
IMG_4157.jpg
この塗料は高いですがムラになりにくく速乾性で非常に使いやすいと思います。

キャリパーのOHは前回から4年以上経っていると思いますがフロントは錆も無く大変良好、しかしリヤはピストンにも錆が回り始めており、放置しておくと固着という悲劇を迎えるところでした。
ロードスターはリヤブレーキが弱点と思っておりますが、クルマを走らせる時にリヤブレーキから「パキッ」というような音がしたらOHのサインです。
IMG_4148.jpg
IMG_4151.jpg


続く。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
メッセージを送る